« Mai Kuraki Premium Live One for all, All for one | トップページ | Fuji Sprint Cup 2011@土曜日 »

2011/10/29

第1回RUN and BIKE in MOTEGI

人生初の自転車レースに参加してきました!
10月29~30日の2日間で、自転車とマラソンの同時開催というイベント。自転車のほうはモテギ7時間エンデューロとしては第8回の開催だったみたいですね。

自分が参加したのは29日土曜日の6時間エンデューロ。6時間でモテギのコースを何周走れるかというレースです。この大会の本命は日曜のほうなんでしょうけど、都合により土曜のほうに参加でした。

まずはレンタカーを借りて自転車の積み込み。今回は3人で参加でしたが、自転車って大きいですね・・・w 入らなくはないですが、3台積み込むのに一苦労しました。
PIC_002

夜に出発して、モテギに到着したのが朝の1時くらい。AM1時って朝って言わないか・・・?ちなみにゲートオープンは4時半なので、しばらくゲート前で待機。この時点でお隣のレーンにキャンピングカーが1台いただけなので、モテギ入りは2位でしたw
IMG_2017_

そして駐車場に泊めてから、ひと眠りしようか~とか言いつつ結局遊ぶ。星が綺麗だったのと、久しぶりに一眼レフ持ち出していたので、数枚だけ星撮影。寒かった。
PIC_004

そのあと、5時から受け付け開始だったので、受付を済ませていよいよ走る準備。
IMG_2018_
ピットに行って、荷物を置いたらまずはトイレ。軽量化は大事ですw

その後1時間ちょっとの試走時間。サーキットは初めて走るので、1周目はのんびりコースを味わってきました。ほんと気持ちよかった。この時点では、上り坂も楽そうだねーとか言いながら走ってましたが、後々ここが地獄の坂になるとは知る由もなかった・・・。

1周の試走したあと、ピットでエネルギー補給。ちなみに今回消費した食糧は以下の通り

  • オニギリ 2合分
  • ウィダーインゼリー 4本
  • ヴァームパウダー 2袋
  • ヴァームウォーターのパウダー 4本
  • カップ麺 1つ

主なものはこんくらい。食ったなぁ・・・w 特にオニギリは朝飯として一気に全部食べたので、腹がきつかった・・・w

そしていよいよ8時15分くらいからサーキットのスタートラインに並んで、開会式。そのあと8時半にレーススタート。
開始直後はさすがに集団が大きすぎてペースが上がらず、無理しない程度に前のほうに抜けていきました。が、しかし、スタートしてしばらくすると、先頭のプロの招待選手たちがものすごい勢いで先頭集団を引き始める。このペースは尋常じゃなかった。1周ついて行こうとしてもなかなか厳しいだろうペースでした・・・w 迫力がすげーw

で、自分はというと、先頭集団の次のグループの前のほうを陣取って、かなりのオーバーペースで走行w 40km/h近い速度で後のことは考えずにひたすらペダルを回してきました。走り始めからずっとこの集団についていって、このペースだと足が持たないのは明らかだったんですが、あまりにも楽しくなってしまい、あとのつらいことは未来の自分に託そう、と決意w

その時は完全に舞い上がっていたようで、少し体があったまってきたあたりから先頭の4,5人に交じって隊列を引いてみたりなんかも経験w いい経験でしたw

結局1時間半くらい走ったあたりで一度足が攣りそうになって一瞬集団の最後尾に落ちたりもしましたが、気合でまた先頭まで戻って走行を継続するも、2時間くらいでダウン。ふとももが攣りかけました・・・w
ただ、頑張ったかいあってか、2時間の時点では22位だったらしいw 俺頑張ったw

2時間経過して一旦ピットインして足のストレッチと補給。予定では1ピットで3時間×2のつもりでしたが、ここで2時間×3に作戦変更。ここで無駄にトイレに行ったのは、今思えばちょっとタイムロスだったかなぁとか思ったり。いや、作戦的な軽量化です!w

その次の2時間は集団についていけるだけの脚は残っておらず、比較的マイペースで走行。それでも、まだマイペースに走行できるだけの余力は残ってましたが、徐々にペースが落ちてきて4時間経過する前くらいに左足が完全に攣り、再度ピットイン。4時間組がゴールするときに一旦ピットがクローズされるので、その5分前くらいにピットに入ったからほぼ4時間でしょう。時間的には予定通りのピットインでしたけど、足の状態は残念な感じ・・・w ストレッチと補給をしようとするも固形物が口に入らず、ウィダーインゼリーとヴァームパウダーを口に放り込んでピットアウト。こっからはキツイキツイ2時間でした・・・^^;

ピットアウトするタイミングは4時間組がゴールを迎えたところ。ここで思った以上にガクッとコース上の人数が減ってしまい、常に単独走行を強いられることに。脚も使い切ってるし、風よけもいない。ホームストレートが向かい風だったので、ここがかなり苦しかったですね。あとは上り坂がまったく足が回らず、ヘロヘロ走り。もうこのあたりは恥を捨てて一番軽いギヤでちんたら走ってきました・・・w
ホームストレートに戻ってくるたびに残り時間を常時している時計を確認して、「まだ1時間もあるよ・・・」とか、「あと30分・・・」とか心の中で呟きながら周回を重ねていきました^^; 苦しかったなぁ・・・w

そして苦しかった6時間もすぎて、いよいよラストスパート。スパート、とか言いながらも足に力が入らなくてなかなかペースは上がりませんでしたけど、最後の1周のラストストレート3本は死ぬ気でペダル踏み込んでスパートかけてきました。

そしてフィニッシュ。やっぱりこのときの達成感が最高ですね。
この瞬間のための辛い辛い6時間ですからねw ちょっとカメラを意識して万歳なんかしつつフィニッシュラインを通過ww

自分よく頑張った、自転車もよく頑張った。

結果はまぁふつうな感じ。ちゃんとした順位を確認し忘れたので、公式サイトに出たら再度追記しようかなと思います。

サイコンの記録
時間:5:34:17
距離:178.88km
平均速度:32.1km/h
最高速度:58.2km/h

心拍計
時間:6:05:49
消費カロリー:4046kcal
平均心拍数:147bpm
最高心拍数:183bpm

走行時間は心拍計がほぼぴったりで、ピットなどで止まってる時間を抜くとだいたいサイコンの値になるはず。だいたい30分くらいは休憩してた計算になりますね。もう10分くらい休憩時間を削っていれば目標だった180kmいけたのかな・・・。そう思うと悔しい。

IMG_2020_

ノートラブルで走り切ってくれた愛機。一緒に行った仲間に、「よくこの重いので走れるね」と言われたのは、いまだに根に持っています。安いフレームなので、しょうがないはしょうがないんだけど、割と悲しかった・・・w これから軽量化への道へ進むのは怖い道だけど・・・・やりたいな・・・w

初めてレース参加して、やっぱり自転車って楽しいなというのを再認識。年に1,2回くらいは定期的に参加したいなぁと思ってます。

最後に、自転車のレースで何が一番うれしかったかと言えば、自転車レースが紳士スポーツであったこと。
隊列を組んで走ってる時に、前方で落車があると、みんなが「落車!!」と叫んで知らせたり、物が落ちてると指さしで知らせてくれたり。単独で走っていたら「隊列組みましょう!」と声をかけてくれて、一緒に走ったり。残念ながらその時はペースが速くてすぐ脱落してしまいましたが^^;
さらにはラスト2周くらいになったときにヘロヘロになって苦しんでいたら、速いペースで後ろから追い抜いて行った人が「後ろ入りな!」と合図してくれて、ホームストレートで引っ張ってくれたり。なんでそこまでしてくれる?というような体験をたくさんしました。これが本当にうれしかった。自転車やってて良かったと心から思える出来事でしたね。

趣味としての自転車、これからも長く長く続けていきたいなと思います。

« Mai Kuraki Premium Live One for all, All for one | トップページ | Fuji Sprint Cup 2011@土曜日 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84001/53122142

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回RUN and BIKE in MOTEGI:

« Mai Kuraki Premium Live One for all, All for one | トップページ | Fuji Sprint Cup 2011@土曜日 »