« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011/09/24

RAID HDDケース DP-1043

もう9月が残り1週間しかないとか信じたくないです。学会論文とか・・・開発の締切とかに追われてるような気がします。

そんな感じで今回はHDDケースを買ってみました!(ぇ

もう、なんか割とストレス発散のための買い物です。まぁ割と前から欲しいなぁとは思っていたものではあるんですけどね。
買ったのはドスパラのDP-1043というもの。
206774
http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?bg=2&br=122&sbr=130&ic=206774&mkr=577&lf=0

メーカー名がドスパラセレクトとなっている怪しい商品ですw
RAID対応、HDD4台、USB3.0とeSATA対応で1万2000円というとかなり安いほうじゃないでしょうか。
RAIDは0,1,3,5,10に対応。そのほかにClean、Clone、Largeに対応。まぁ個人利用では十分すぎるだけの対応でしょうかね。
箱は、届く前は英語ばかりの怪しいものかなぁと思ていたら、しっかり日本語表記でした。ただしマニュアルは英語のみ。まぁ特別難しいことも無いので、特に問題は無いでしょう。

RAIDは初めてだったんですが、いろいろと勘違いがあり大変なことになったのでいろいろとメモしておこうかと。
まずはこのRAIDケースは、RAIDのコントローラが1個しか入っていないということ。うちには2TB*2、1TB*2のディスクがあったので、それぞれ別々にミラーリングをしくて4台タイプのを購入したんですが、それはできない
最初2TBでミラーリングを構築して、そのあとから1TB2台をケースに入れたんですが、Windowsからは認識できず。設定ツール上では認識してたんですが、OSからは見えませんでした。そこから設定ツールで1TBに対してミラーリングの設定をしたところ、もともと設定していた2TB側の設定が消えました。
そこで一番問題だったのがミラーリングしていた2TBがアクセスできなくなったこと。ミラーリングなので、設定が解除されただけならそのまま同じ内容のディスクが2台できるだけだろうと思っていたら、Windows上からはディスクの初期化をしろとのメッセージ。不用意に初期化なんてしてしまえば、復旧も難しくなるのでこの時点でディスクは封印して情報収集。とりあえずデータサルベージのソフトとか試すと綺麗にディレクトリ構造が見えたので、ディスクのパーティション情報が消えただけかなぁと思い手でパーティション情報を書き換えw HDD先頭にあるマスターブートレコードをなんとか調べて書き換えてみたところちゃんとWindowsから認識してくれました。ただ単にパーティション情報が消し飛んでいただけのようです。だけ、とは言いつつ結構ヒヤヒヤものの出来事だったので、消えた時は焦りましたが・・・。

お次は、事前から把握はしていたんですがこのPrimeノーパソのeSATAはポートマルチプライヤに非対応だったこと。Cleaneモードでは4台のHDDを別々に認識しますが、PMP非対応のeSATAだと先頭の1台しか認識しません。
ただし、ハードウェアRAIDなのでPMP非対応でもRAIDで1台のディスクとして構成してしまえば4台分使えます。もちろんPC側からは1つのHDDとして認識します

最後はUSB3.0は相性問題が結構あること。
このノーパソにUSB3.0のポートは無いので、ExpressカードでUSB3.0を追加したんですが、どうもこのHDDケースとの相性は悪いようで、HDDを認識しませんでした。
カードはPITAT-USB3.0/EC34
http://www.kuroutoshikou.com/modules/display/?iid=1572
症状としては、USB3.0で繋ぐとPC側は反応するんですが、ドライバのインストール後デバイスが動き出さない状態。デバイスマネージャで詳細を見てみると、「このデバイスを開始できません(コード10)いう表示。USB3.0のハブを間に挟んでみたり、ケーブル変えてみたりしたもののまったく症状は変わりませんでした。
USB3.0のカードのドライバを変更してみたりも試したんですが結果変わらず。残念すぎる結果でした。
しかもまったく同じ組み合わせで、ケーブルだけUSB3.0非対応で接続し、USB2.0で接続するとつながる不思議。
http://www.century.co.jp/support/manual/renesas.html
こんな現象もあるようなので、USB3.0でのデバイス間の相性にはまだまだ問題があるケースが多いんでしょうかね。気が向いたら別のUSBインターフェースカードを試してみようかなと思ってますが、選択肢ほとんどないのでとりあえずは見送り予定。

USB3.0を使ってみたかったんですが、残念です。
とまぁこんな感じでRAID初挑戦は悲惨な結果となっています・・・w まだまだいろいろと試行錯誤中なので、追って何かあれば書こうかなと。

2011/09/13

SuperGT Rd.6 Fuji

気を抜くとあっという間に1か月近く空きますね。お久しぶりです。

この土日でスーパーGTの第6戦富士に行ってきました。現地観戦は5月の富士以来です
今年のスーパーGTはなぜか雨レースが非常に多く、今回の富士は今年初のドライレースとなりました。こんなに雨が続くってのも珍しいですよね。今回は土日ともに晴れの時間がほとんどで、むしろ非常に日差しが強くて日焼けしまくりましたw
ただ、2日間ずっとドライだったわけではなく、決勝日朝のフリー走行ではまさかの雨!このフリー走行の時間帯だけピンポイントで雨が降り、走行開始直前から降り始めて、フィニッシュとともに雨が上がるという奇跡w 今年のGTは関係者に雨男・雨女がいそうですねw

レースの予選日。奇跡のレクサス1-2-3-4-5位という驚異のレクサス大爆発な予選でした。ウェッズは下位に沈みましたが、残りの5台はトップから約0.3秒の中にすべてが入るという大混戦。そんな中でトップのDENSOは2位にコンマ1秒ほど差をつけてPP!今年はBS以外のタイヤががんばってますね。2位以下はZENT、ENEOS、Kraft、TOM'sというオーダー。Kraftは何やらレース運営側にミスがあったらしく、若干のロスがあったとか。SLで、コースインするタイミングを間違えたみたいですね。
逆にGT-Rは軒並み下位に沈んで、GT-RではポイントランキングトップのS RoadだけがSLに進出して、SLでは7位。HSV勢はRAYBRIGだけが絶不調の最下位以外は、みんなSLに残ったものの、SLではレクサスには届かずでした。

GT300のほうは再び、な4号車のミクBMWがPP。ミク号はほんと速いですね。リストリクター径を直前に絞られた上にウェイトもかなり重いほうだったので、それでいてPPはすごいですね。

決勝日。決勝スタートは特に波乱も少なく、上位のレクサスはスムーズに隊列になって序盤戦を消化。DENSOが少し逃げ気味で、それにZENTが少し遅れて追っていく展開。3位以降はそこまでペースが上がらず上位2台が少し逃げていましたね。
しばらくすると上位2台を除くレクサス3台がずるずるとペースダウン。ENEOS、Kraft、TOM'sの3台はかなり早いタイミングでピットにも入って、完全に予選重視のタイヤ選択だったんでしょうかね。ブリスターという単語も出ていたので、かなりソフト目のタイヤで、予想以上に路面温度が上がったこともあってあっという間にたれてしまったんでしょうか。結局追い上げてきたGT-R、HSVにどんどんと食われる展開になってしまい、気が付けばDENSOとZENT以外のレクサスは軒並み下位に沈む展開。気持ちも沈みます・・・w
そしてタイヤがバーストしたのか、TOM'sはホームストレートでクラッシュしリタイヤ。

そして終盤、フィニッシュが近づいてきたところでまさかのDENSOがペースダウン。タイヤを使い切ったようですね。そこでしっかりタイヤマネジメントができていたZENTが土壇場での逆転!そのままフィニッシュとなりました。ZENTの優勝は結構久しぶりで、2009年以来だったみたいです。富士マイスターの立川選手も、なかなか富士でいい結果が得られずに残念なレースがずっと続いていましたが、久しぶりの優勝で感極まっていましたね。本当におめでとうございます!という感じですね。平手選手にとってはGT500での初優勝!記念すべきレースになりましたね。
その一方でDENSOはファイナルラップの最終コーナー手前(だったはず)でまさかの接触・スピン。すぐさま走り出せずに、せっかくの2位を捨てることになり、なんとか走り出せてフィニッシュラインを超えたのは8位になってから。本当に残念すぎる結果です。他のレクサスも8位DENSOに続いてKraft、ENEOS、13位でWedsという、なんとかポイント獲得、というあたりでのフィニッシュ。
今年はレクサスファンにとっては苦しいシーズンで、この富士は今年初めて来たレクサス勢の好調。いつぞやのレクサス1-2-3-4再現か?!と期待していたのもあってすごい悔しい結果となりました。ZENTのうれしい勝利もちょっとかすんでしまう感じ。残念です

一方のGT300のほうはミク号がそのまま優勝。2位以下をあまり近づけず、危なげない勝利でしたね。速かった。2位にSG CHANGI、3位にエヴァ紫電でした。ミクにエヴァ、これにイカ娘フェラーリが加わればまた面白い表彰台になったなぁとか思ったりもw
まぁでも、SG CHANGIはレクサス車だし、確か去年のWedsの車なので、この車が表彰台に上ったのはうれしいですね。この車はポテンシャル高いですね。

ポイントランキングはレクサス勢は非常に苦しくなった感じ。2戦を残して、レクサストップは今回優勝のZENTで、27ポイントビハインド。ライバル車がポイントを取ることを考えると、2戦ともに大量ポイントを取らないといけないですし、ちょっと苦しいですね。

なかなか年間チャンピオンは難しそうな気配ですが、シリーズ2戦とスプリントカップ、最後までスーパーGTを楽しんでいきたいと思います。今のところ最終戦茂木と富士スプリントカップには行く予定。スプリントカップは今回の会場で早割チケットで購入しておいたのでもう確定ですw 金曜から行くかはまだ迷ってるところですが。
GTもいよいよラストスパート。しっかり応援していきたいなと思います!

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »