« 実験嘱託のアルバイト | トップページ | 今週は大阪へ »

2011/05/17

忙しいですが、TSUBAME開発

今週は特にこれといってイベントごとは無いんですが、来週の月曜火曜で輪講の資料提出、輪講の発表、ゼミ発表があるため、今が頑張り時だったりします。この先1か月くらいは授業関連で結構いろいろとてんこ盛りなため、忙しい日々になりそうです

一方で昨年からチームに加わって開発を行っている地球観測衛星TSUBAME。相も変わらずSD関連でしか貢献できてなかったりしますけど、自分なりに頑張って作業をやっています。

現在はEMと呼ばれる開発モデルの試験段階で、これが終わるとFM(フライトモデル)と呼ばれる本番用の開発に入ります。衛星ですので、実際に動かすのは宇宙。ということで真空でも衛星が正常に動作するのかを試験するために、今月末に真空試験を大阪までいってやってきます。

真空で問題になる要素として、熱の問題があります。宇宙ではマイナス数十度~プラス数十度まで温度が変化しますし(表面などではプラスマイナス百数十くらいになる)、地上では熱を逃がすのに役立っている空気が真空ではありません。というわけで発熱をする部品はひたすら高温になっていったりします。うちの研究室にも真空層があって一度カメラ系だけで実験を行っていますが、60度前後で試験をスタートさせるとどんどん温度が上がって行って、最終的に100度まで到達したので中止になったりしましたw そこまでいくとさすがにコンピュータが動かなくなったりしますので、そうならないことを確認する必要があるわけですね。カメラ系だけであれば小さいので比較的簡単にできますが、衛星本体を真空状態にするにはなかなか設備がない。ということで大阪で試験をすることになりました。

開発をやっているといろいろと試験を行いますが、何が大変って準備。いきなり本番!なんて無謀なことはできるわけもないので、事前にリハーサルを行います。先月に1度、そしておとといの日曜にも1度やってきました。手順の確認だったり、全体の流れを確認するために一通りの作業をやっておきましょう、というもの。今回の熱真空試験では7日間24時間通しで行うので、リハーサルで全部同じように、というのは大変なのである程度同じ手順を飛ばすなどして日程を圧縮してやっています。それでも日中だけの作業を3日間。結構ハードですw 本番が怖すぎますw 生きて帰れるのか・・・?

とまぁ、こないだのリハーサルの時により衛星っぽくなっているTSUBAMEを見て、せっかくだからこんなことを写真とともに書いておこうと思いましたw

DPP_s_0001 DPP_s_0000

自分らは衛星の構造とかはやっていませんが、この衛星の中に自分たちで作ったカメラが搭載されていると思うとモチベーションがあがりますよね。東工大松永研の方たちがあの人数でこれだけのものを作れるってのがすごいなぁとか思いつつ、僕らは僕らでベストなものを作りたいなと思います。

« 実験嘱託のアルバイト | トップページ | 今週は大阪へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忙しいですが、TSUBAME開発:

« 実験嘱託のアルバイト | トップページ | 今週は大阪へ »