« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/28

ノートPCを強化-RAMディスク

先日ノーパソのHDDをSSDに換装しましたが、今回はメモリを強化してみました。

といっても、ノーパソで2スロットしかメモリスロットは無く、すでに1GBが2枚刺さっていたので、そのうちの1枚を1GB→2GBに換装しました。これで総容量が3GB。32BitOSなんかだと、4GB搭載しても3GBちょっとしか認識しないので、まぁだいたいこれで一杯な感じです。

でも、ハード側が対応していれば4GB以上のメモリを搭載して、RAMディスクとして使う方法もあったりします。例えば3GBをメインメモリ、残りのメモリをHDDとして認識させるような方法。前回、SSDの記事を書いたときに参考でベンチマークを載せていましたが、アクセス速度が非常に速く、いろいろと使い道を工夫できたりするので、結構楽しめます。で、今回メモリが1GB分増えたわけですが、それをそのままRAMディスクとしてみました。メモリは今まで通り2GB、そして1GB分をRAMディスク。

作ったRAMディスクは高速ですが、電源を落とすとデータが全て消えてしまうので、そこもいろいろと工夫が必要。今回は若干起動時・シャットダウン時に時間がかかってしまうのを我慢してRAMディスク上のデータをSSDのほうにいったん退避させるような仕組みにしてみました。

といっても単純に起動時・シャットダウン時に圧縮ツールであるWinRARをコマンドライン上で動作させるだけ。バッチファイルを使ってそれも自動化できるので、特に今までと使い方が変わるわけではないのがいいところ。ただし、データの退避にそこそこの時間がかかるので、SSDで起動が高速化した分くらいは相殺しそうな感じですね。まぁそこは通常使用時のレスポンス向上の犠牲なので我慢ですね。

バッチファイルはRAMディスクのWikiにあったものをちょろっとカスタマイズしたものを使用。まぁやってることは非常に単純なことだけです

FORMAT /FS:NTFS /Q /V:RamDisk /A:512 /Y A:
@ECHO OFF
SETLOCAL
SET RAMDrive=A
SET BackupFileName="C:\RAMDiskBackup.rar"
SET WinRARDir=C:\Program Files\WinRAR
IF NOT EXIST %RAMDrive%:\ GOTO END
IF NOT EXIST %BackupFileName% GOTO END
"%WinRARDir%\rar.exe" x -ow -y %BackupFileName% %RAMDrive%:\
:END
ENDLOCAL

これが起動時のバッチファイル。Aドライブをフォーマットして、Cドライブに圧縮しておいたファイルを、Aドライブに解凍しているだけ。

@ECHO OFF
SETLOCAL
SET RAMDrive=A
SET BackupFileName="C:\RAMDiskBackup.rar"
SET WinRARDir=C:\Program Files\WinRAR
IF NOT EXIST %RAMDrive%:\ GOTO END
"%WinRARDir%\rar.exe" a -u -as -dh -ep2 -inul -m0 -os -ow -o+ -r -s- -y %BackupFileName% %RAMDrive%:
:END
ENDLOCAL

こっちがシャットダウン時に実行されるもの。A:\ドライブの中を全部Cドライブに圧縮。

あとはこれを起動時とシャットダウン時に自動で実行できるようにするだけ。
ファイル名を指定して実行から”gpedit.msc”を実行して、コンピュータの構成→Windowsの設定→スクリプト と進んでいくと、先ほどのバッチファイルを登録できます。これで起動時・シャットダウン時に全て自動でデータの退避と復帰をやってくれます。

今のところブラウザのLunascapeの本体と、そのキャッシュをRAMディスク上に配置して使っています。Lunascapeは結構気に入っているブラウザなんですが、若干起動に時間がかかるのがネック。でもこれでかなりすばやく起動してくれます。キャッシュも、ネットサーフ中に、”戻る”をしたときなどレスポンスが早くてかなり快適な感じですね。

今回のメモリ強化で結構快適になるのが実感できたので、せっかくだしこのノートの最大容量である4GBまでメモリを増設しようかなと思ってたり。すでにこのノーパソも4年目で、結構スペック的に厳しいなぁと思うことが多かったんですが、まだまだ現役で行けそうです。SSDとRAMディスク、この2つの強化でかなりパソコンが蘇ったかなと思います。やっぱりディスクアクセスを改善することが、PCのサクサク感には大きく影響してるんでしょうね。

ちなみに余談ですが、研究室PCにも小容量のRAMディスクを作ってベンチマークをとってみたところ、シーケンシャルで4GB/sec以上の数値。やはりcore i5はメモリコントローラをCPUに内蔵しているだけあって、速度が半端ないですね。研究室PCにもメモリ増設してRAMディスクを本格的に設置したいw

2010/11/21

秋のマドンナプロジェクト

今日は研究室でちょっとしたイベントのお手伝い。半日も働かずに一万円ほどバイト代が入るというので、それにつられて参加してきましたw

学園祭の(たぶん?)一環で、女子中高生を対象に実験的な体験をしてもらおうというもの。まぁ詳細は以下のリンクから。
http://www.tus.ac.jp/madonna/index.php

ちなみに自分の所属は理工学部電気電子情報工学科の木村研究室。実験内容は今金星に向かって飛んでいる衛星、IKAROSのカメラと同じものを作ろうというもの。若干先生が気合いれすぎてる感はあって、かなり太っ腹な企画だったりw参加者一人あたり数万円くらいの予算は使ってるらしい・・・w

そんで、体験内容はハンダで数本の線をつけて、ケースにねじ切りして固定するというもの。時間はだいたい3,40分くらいの予定。

だったはずが、予定通りの時間ではまったく終わらず、かなりドタバタな感じに・・・wそもそも事前準備すらあまりしっかりできておらず、基本先生がひとりで準備していたうえに、学会で先生が返ってきたのが昨日。自分たちですら実物を見たのが今朝でしたからね・・・w段取り悪くて、参加者には申し訳ない感じでした^^;

結局時間内に完成しなかったりで、終了後いったんあずかって、僕らで最後の仕上げとかしてたりも・・・wそれでも、なんとか完成品を参加してくれた人全員に渡せた(はず)なのでよかったですね。

今回は参加者の女子中高生がモチベーション高く参加してくれたことに救われたかなぁという気がしますね。今回のイベントは工学系と生物系とそれぞれ一つずつ参加するということだったので、まぁ正直なところ生物のほうがメインな人が多いのかなぁなんて思ってたんですが、みんなしっかりと参加してくれたのでよかったですね。
今回のイベントで、割と評判はよかったなんていう噂も聞いて、少しホッとしてる次第です・・・w女子中高生相手にハンダをやらせようというあたり、ちょっとどうなんだ?とか思ったりもしますが、レアなカメラですし記念になったらいいなと思いますw

というか、俺もあのカメラほしいな。。。

2010/11/19

SSDとRAMディスク

相変わらず日記として機能してなかったりするこのBLOGですが、先日SSDを購入したのでそのインプレでもかこうかと。

買ったのはintelの80GBのSSD。X25-Mというやつです。だいたい1万5000円くらいだったかな?
載せたのは愛器のマウスコンピュータ製のノーパソ。すでに古くて検索しても出てこないような機種です・・・w Core2Duoで、メモリは2GBなPC。すでに購入してから4年目、ちょくちょくスペック的に厳しいなぁと感じることもしばしばな感じです

HDD-SSD-RAM

で、HDDからSSDに載せ替えてからとったベンチマーク。左からHDD、SSD、RAMディスクです。RAMディスクはバッファロー製のソフト使って256MBだけRAMディスク化してみたものです。HDDとSSDですがシーケンシャルでは倍前後、4kのランダムアクセスでは桁違いに速いですね。ちなみにシーケンシャルリードの値とかはパソコン側がSATA2に対応してないせいで、たぶんそこがネックになってるのかなと。
そしてRAMディスクはまた別次元で速いですね。でも、メインメモリなのでGB/secくらい出てほしかったなぁという気もしますが。

HDDからSSDへの換装ですが、体感速度という面ではかなり効果は大きい感じ。普段PCを使っているときに、いかにHDDが足を引っ張ってるんだなということが分かりますね。OSの起動、ソフトの起動などかなり恩恵はでかいです。

そのほかの利点である静穏化とか、省電力化という面では、PC自体がうるさかったりバッテリが弱かったりするのであまり効果は感じません。ここはちょっと残念なところ。ただ、電源入れたまま少し移動するとかいうときに、気を使わずに持ち運べるところは精神衛生上いいですね。

今回1万5000円ほどでPCを少し強化できたわけですが、費用対効果はかなり高いかなと思います。メモリーがある程度積んであるPCであれば次に強化すべきはSSDかなと。体感速度的な意味ではかなり有益です。

研究室のデスクトップPCにも是非積みたいなぁと思う今日この頃。メモリの増強とSSDへの換装とどちらが先かなぁというところでしょうか。HDDのスロットが空いてないという大問題があるんで、先にメモリかなという感じですけどねw

2010/11/08

結局WindowsLiveWriter

ちょろっと調べてみたけど、カテゴリ設定はよくわからなかったのでとりあえず諦め。
エディタとしてWindowsLiveWriterをインストールしました。これ、以前にも使ってて割と使いやすかったので再導入です。なんでここしばらく使ってなかったかといえばBLOG自体をあまり活用できていなかったから。あんまり更新できてなかったですからね。。。このエディタ、2011年版みたいのが出てたんですが、WindowsXPでは使えないんですよね。残念。他のソフトの関係で研究室のPCはXPじゃないといけないので、古いバージョンを使うしかなさそう。家のPCには2011版を入れてみようと思ってますが、どの程度違うのだろうかな。

なんでこのタイミングでエディタ探してたかというと、このBLOGを勉強のメモ代わりとして活用しようかなと思ったから。最近はC言語でのプログラミングに加えてFPGAというものを扱うようになり、新しい文法としてVHDLというものを触ってます。それのメモ用としてBLOGを利用しようかなと思ったわけ。VHDLはC言語と比べると資料の数とかが少なくて、結構探すのが大変なことも多いんですよね。一度見て、また見返そうと思ったときにすぐ見つけられなかったりもするので、ここで記録していこうかなと。

まぁどこまでしっかりできるかはわかりませんけど、しばらくはチャレンジしてみようと思います。

 

関係ないことですが、週末の富士スプリントカップはいけなさそうな雰囲気が強まってきた。。。というか、金銭的にちょっと厳しいかもという残念な理由・・・w

Wordから投稿してみる

OfficeのWordからBLOG投稿できるようなので、ためしに設定してみました。

Wordで左上のメニューから発行→ブログから開けます

ココログでは
API:MetaWebLog
URL:https://app.cocolog-nifty.com/t/api

と設定してユーザー名とパスワードを入力すると登録できる。

 

ためしに投稿してみたものの、カテゴリは反映されてないっぽい?Wordには分類の挿入というのがあるけど、反映されてないみたいですね。何か方法あるのかな

2010/11/06

放射線試験、と最近やってること

また、ここしばらくはドタバタした生活を送ってます。
今日(日付では昨日だけど)は東工大さんにおじゃまして放射線の試験をしてきました。今までで、お手伝いなんかも含めて東工大で2回と放医研で1回の計3回放射線試験はやってたりします。結局卒論は「SDカードを宇宙で使う」というテーマで進むことになって、「宇宙で使う=放射線耐性がある」ということで、SDカードに放射線をバンバン当ててますw
最初に行った試験はプロトンをバンバンSDカードに当てた結果、即死w 開始2分くらいで止まり、リセットをしてしばらくして止まる、ということを繰り返してきました・・・^^; 結局最終的には3枚あったSDは全滅して使い物にならなくなりました・・・orz
そして今回はプロトンではなくCo60のガンマ線を照射。30分の照射サイクルを4回。まったく同じ種類のSDカードを当ててきたんですが、今回は無事に何事もなくSDカードは試験を乗り切ってくれました。SDカードが頑張ってくれたおかげで結果をまとめるのが楽で助かります・・・w
卒論のための試験というのもあるんですが、実際に衛星に搭載する予定があるのでできませんでしたでは済まない問題だったりします。なのでなんとかして使えるものを探さないといけない状況。そこで産業用のSDなんてのも視野にいれて探してるんですが、産業用という言葉が着くだけでひとケタ値段が違うんですよねwSDにはないんですが、宇宙用なんていうデバイスもあって、通常品と2ケタ違ったりするものもw半端ないです・・・w
こないだ先生にお願いして購入予定のSDカードは、2GBで1万5000円ほどw2GBを10枚買ってもお釣り来るよ・・・w

そしてSDカードはPCで使うのであれば差すだけで使えますけど、組み込み機器用に使用するので、自分でプログラム書いてSDカードと通信をするなんてこともやってます。こういうことをやっていると、PCってホントにスゴイことをやってるんだなぁということを感じれたりしますね。USB1.1が遅すぎて使い物にならない!なんてことを言ったらいけないなぁと感じますw

さらにここ最近から初めたこととして、ソフトウェアではなくてハードウェアロジックを書くということもやってます。VHDLとかVerilogなんていう類のものなんですが、これがまた癖があって難しい。まだC言語とかのソフトウェアを作ってるほうが考えやすいかなと・・・w
でもこれがすごくできるようになると、パソコンのテレビキャプチャボードとか作れるみたいw実際にそういうタイプの製品で地デジキャプチャが売ってるらしいです。スゴイっす。

とまぁ最近はこんな感じのことを毎日のようにやっています。毎日やることが多くて、気づいたら1週間が終わってる感じ。きっと気づいたら2010年も終わってるんでしょうね・・・w充実はしてるなと思うし、開発をしているのは楽しいんですけど、もう少し遊べるといいんですけどね^^;今年はのんびり紅葉見に行くとかできないかもなぁという感じ。なんとかして1回2回くらいは写真撮りに行きたいものですな・・・w

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »