« 体育だけって・・・・。 | トップページ | 麻衣さんのライブが! »

2006/04/11

暗算の計算の仕方

今日学校で友達と話していたときのこと。
友達が塾でテスト(たぶん入塾テスト)を受けたんだけど点数が全然取れなかったんだとか。
だけど、数列の和の問題はひとつずつ足して答えをだしたそうです。
例としてk(k+1)のkに1~50までを入れてそれぞれの答えを全部足したもの。
つまり
1(1+1) + 2(2+1) + 3(3+1)+・・・+50(50+1)
の答えです。普通なら公式使って計算しちゃいます
その友達、そろばんやっててこのくらいの計算ならなんとか計算できるそうです・・・・w
あと2桁*2桁とか、3桁*2桁の計算は暗算可能。

それがうらやましいなぁと思って、さっそく家に帰ってそろばんのやり方をネットで検索w
実際にそろばんをやるつもりは無いんですけど、暗算の方法だけでも・・・・と思ったので。
大きい数の足し算引き算はちょっと時間かかるけど、なんとか今でもできます。
なので掛け算を調べたところ、普通に紙で筆算をやるのとは違う方法で計算するそうです
ex:274*9を計算するときに筆算では
 274
*  9
~~~~~こう書いて
4*9→70*9→200*9
こんな順番で計算しますよね
普通は1の位から順に計算して答えを出します。
でも暗算するときは大きい位からかけていくそうです
200*9→70*9→4*9
こんな感じ。
そのほうが早く計算できるんだとか。

実は僕もわりと似たような感じで計算してたんですよね
微妙に違ってますが、普段から無意識にこんな感じで計算してました
と、言っても普段は紙で筆算なので下の位から計算することが多いですけど^^;

まぁせっかくやり方も知ったし、この方法で少し大きいくらいの計算も練習してみようかなぁと思ってます
2桁*2桁くらいの計算が暗算でパッて出てくるようになったらなぁ~w

« 体育だけって・・・・。 | トップページ | 麻衣さんのライブが! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗算の計算の仕方:

« 体育だけって・・・・。 | トップページ | 麻衣さんのライブが! »