« およよ | トップページ | 風邪かなぁ・・・。 »

2005/06/18

不自由な心

今日で「水の年輪」「不自由な心」を読み終えました!
まず全体を読んでみての感想ですが、一言で言うと「難しい!」でした。
主に社会人が主人公となってることもあって、僕にはちょっと理解しづらい部分が多かったです。

5つの話があってそれぞれはつながりの無い内容ですが、すべて読んでみるとそれぞれがそれぞれを引き立てるというか、そんな感じがしました。(表現あいまいですいません^^;)

白石一文の作品は読んでみて「いいお話だったなぁ」と感じるよりはいろいろと考えさせてくれるような作品でしたね。
「四日間の奇蹟」は読み終えて感動して終われてとても良かったんですが、それとは違って良い後味でした。
また次も白石一文の作品を読んでみようかなぁと思っています。

この作品、将来自分が30歳とかになったときにもう一度読んでみたいですね。
そのときにどんなことを感じるのか。ちょっと楽しみです
今は理解できないことが多いけど、もっと深く理解できることができればもっとこの作品のよさがわかるような気がします

« およよ | トップページ | 風邪かなぁ・・・。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不自由な心:

« およよ | トップページ | 風邪かなぁ・・・。 »